起動するまで

ダウンロード

現在のバージョンは、1.8.3 です。gitHubの以下からダウンロードできます。

Release v1.8.3 のリリース

gitHubのリリース画面

インストーラは、setup_v1.8.3.zip に入っています。(64bitのみ)
インストーラによるsetupは「お任せインストール手順」をご覧ください。

バイナリ一式は、CraftBandMesh_v1.8.3.zip に入っています。
32bitや、手動で操作したい方は「手動インストール手順」をご覧ください。

※このページの下部に、更新インストールのビデオがあります。
最初に gitHubからダウンロードしていますが、いずれの手順においても、gitHubのファイルを使用する場合は、共通の操作となります。

二次配布サイト

こちらからもダウンロード可能です。
(更新には若干のタイムラグがあります。こちらの現在のバージョンは Ver.1.7.2です)

ベクターからダウンロードしてインストールする例(Ver1.6)

インストールの概要

バイナリ一式がセットになっていれば、どこに置いてもOKです。

Zipの中身(v1.5の例・verに伴い変更あり)


実行ファイルは以下です。

  • CraftBandMexh.exe
  • CraftBandSquare45.exe
  • CraftBandKnot.exe
  • CraftBandSquare.exe
  • CraftBandHexzgon.exe

実行にはMicrosoftの以下ライブラリを必要とします。パソコンにインストールされていない場合は、初回起動時にダウンロードされますので、インストールしてください。

  • Microsoft .NET Runtime 6.0
  • Microsoft Windows Desktop Runtime 6.0

起動すると最初に「設定データを保存するファイルを指定してください」というタイトルで、ファイルの場所と名前を入力する画面が表示されますので、書き込み可能なフォルダを指定してください。そのフォルダに、バイナリに含まれているサンプルファイル(CraftBandMesh.XML)の複製が作られます。
指定は一度だけで、以降はそのファイルを設定データとして記憶します。(バージョンアップでバイナリを入れ替えたとしても、聞かれることはありません)
以降の起動では、すぐにメイン画面が開きます。

更新インストールについて

v1.3やV1.4など先のバージョンを既にインストールされている場合、新バージョンへの更新は、同名バイナリの上書き/追加となります。

  • 手動インストールした場合は、新バージョンのバイナリ一式で上書きしてください
  • お任せインストールした場合は、新バージョンのセットアッププログラムを実行すると、バイナリ一式が上書きされます

更新の場合はMicrosoftのライブラリのインストールが不要になるので、インストール1回で終わります。

更新インストール例

設定ファイルは、既に使用しているファイルがあれば、それが引き続き使用されます。更新バージョンにはその時点での最新サンプルが付属しますので、使用中の設定ファイルと差異がある可能性があります。

現在使用中の設定ファイルをそのまま使って追加分だけ取り込みたいのか、それとも、更新された設定ファイルに入れ替えたいのか、いずれでしょうか。以下、それら2つの方法を説明しますので、いずれかを行ってください。

A) 追加分だけ取り込む

更新インストールに入っているCraftBandMesh.XMLから、更新で追加された情報を読み取って、現ファイルに追加したい場合は、次のように操作してください。

  1. [設定]メニューの[基本設定]で表示される画面から
  2. [インポート]ボタンをクリックし
  3. プログラム一式のインストール場所(通常は、C:\Program Files\Labo\CraftBand )にある CraftBandMesh.XML を開いて
  4. 同名に対して、置き変えてもよければ上書き、自分の編集した値を残したければ現在値保持を指定してインポートする
現在の設定ファイルを活かして、追加分を取り込む

B)丸ごと入れ替える

現在の設定ファイルを残す必要はなく、まるごと入れ替えたい場合は、現在使用しているファイル([設定]メニューの[基本設定]で確認できます)を、いったん消去(もしくは別の場所に移動)して、改めて、存在しない状態から開始してください。

設定ファイル入れ換え例

シリーズのアプリで同じ設定ファイルを共用している場合は、いずれかのアプリで、1回行っていただければOKです。

CraftBandMeshシリーズ←    →データについて